fbpx

ダナンーアジア航空路線開発のための国際イベント「Routes Asia 2022」の開催地

244471243 355964866267730 3448761449768334033 N
177

10月11日2021年にミラノ(イタリア)で開催された国際航空ルートの開発「World Routes 2021」で、1000人以上の航空業界-観光業界の代表者とグローバルメディアエージェンシーの前では「Routes Asia 2022」の開催地をダナン市とすることが正式に発表されていた。

国際航空ルートの開発2021(World Routes)で、InformaRoutesの社長であるStevenSmall氏は次のように述べています。「私たちはダナンと戦略的パートナーと協力して、2022年にRoutes Asiaをダナンに持ち込むことを嬉しく思います。Routes Asia 2022は、ダナンと航空・観光ビジネスコミュニティ、アジアおよび世界中の国際航空路線ネットワークとの接続に重要な貢献をします。」と発表しました。

244753211 607458216921771 1623762923388249026 NRoutes Asia 2022の公式開催都市としてダナンを紹介するビデオは、World Routesで上映されました。

第16回アジアの航空路線開発の国際イベント2022は4日から9日6月2022年まで、ダナンがIPPGのメンバーであるIPP Travel RetailとイギリスのInforma Routesの協力を得て開催される予定です。ダナンで開催されるこのイベントには、多くの航空会社、空港、観光-航空営業会社が参加します。ルートの構築と拡大または協力関係を促進すると同時に、国際的な観光航空活動の促進とダナンを世界とアジアの航空会社ネットワークに接続することに貢献することが期待されています。

2022年の航空路線開発のための国際イベントは、ダナンのダイナミックでフレンドリーで親切なイメージを宣伝する貴重な機会です。 同時に、ダナンへの国際ルート開発を促進するイベントでもあり、経済回復、特に観光に貢献しています。 このイベントの開催により、ダナンはアジアを代表するフェスティバルの目的地であり、ベトナムとアジアの航空と観光開発のダイナミックな中心地であると断言し続けています。」 –観光局の副局長であるグエン・スアン・ビン氏は言いました。

 

「ダナンは急速に発展している都市であり、非常に強力なコミュニティの力を持っています。 私たちはダナンのみでなく近隣の県や都市を世界につなぐ機会である国際的なイベントをもたらしたいと思っています。 航空と観光は、都市の発展に多大な貢献をしている2つの業界です。 したがって、航空路線の整理と開発は、パンデミック後のダナンの経済を再開し、回復するための最も重要な課題の1つです。 ですから、Routes Asia2022イベントをダナンで開催することを決意する動機となっています。」 – IPP TravelRetailのCEOであるグエン・フィー・ロン氏が共有しました。

244471243 355964866267730 3448761449768334033 N

アジアの航空路線開発のための国際イベント(Routes Asia)は 2003年にはじめて開催され、航空輸送業界とアジア・太平洋での唯一の飛行ネットワークを結びました。 近年のRoutes Asia のホストには、サラワク州―マレーシア(2012)、昆明-中国(2015)、マニラ-フィリピン(2016)、沖縄-日本(2017)、ブリスベンーオーストラリア(2018)が含まれます。 特に2019年は1000人以上の代表者、60か国以上から25人の講演者、113国際航空会社がフィリピンのセブに行って「Routes Asia 2019」に参加しました。

                                                             Danang Fantasticity

Rate this post

Latest Posts

You might also like

Comments are closed.

Sign up for the newsletter

...and get the latest hot news

Please enter a valid email address
That address is already in use
The security code entered was incorrect
Thanks for signing up

Enjoy Danang Summer Festival
close-link
​​​