トレードビレッジ

ナム・オ魚醤(ニョクマム)村

Làng nghề nước mắm Nam Ô

住所:ホアヒエップ地区,リンチャウ区

概要:

ナム・オ村のニョクマムはベトナム国家知的所有権局から共通商標登録の証認を受けています。

特記事項:

 ナム・小村は魚醤(ニョクマム)作りでよく知られています。その製品は国内外から信頼を得ています。20世紀初頭に設立されたナム・オ村は、美味しい魚醤の最高の生産地のひとつに認められている、小さな漁村です。村は、政府が1995年に禁止措置を課すまで、爆竹の生産で生活を支えていました。見どころ:

ナム・オブランドの魚醤は、その特別な製造法で、他の地域の製品とはまったく異なっています。ナム・オ村魚醤協会が設立され、ベトナム国家知的財産権局に認証されています。さらに、同協会には魚醤製品の共通ラベルが付与されています。ナム・オの魚醤は、旧暦3月に捕獲

された高タンパク質を含むアンチョビからできています。その美味しさは、ニントゥアン省のカナビーチで製造される塩が混じった魚が理由のひとつです。この塩の粒子は、白くてよく乾燥しており、他の地域のものより大粒です。セメントの床で5〜7日間乾燥させた後、魚を塩漬けにする前に、数年間使われていた陶製の器に貯蔵されます。魚を塩漬けする工程は旧暦3月から始まり、次のテトまでの間にソースが完成します。ナム・オの魚醤は濃い赤色で、とても素敵な香りがします。魚は新鮮で中程度の大きさでなければいけません。淡水は味と香りを取り去り、長い保存期間中に簡単に腐るので、保存される前には海水で洗浄されます。樽は、ジャックフルーツなどの特別な木から作られます。魚は塩と混ぜ合わされ、樽の中に積み重ねられます。一番上の層の上に竹か乾燥したビンロウの樹皮を格子状に敷きます。樽は慎重に密閉され、風の来ない、暗く乾燥して清潔で涼しい場所に保管され、 6~7ヶ月後に魚を攪拌します。白い酵母物質が上に形成されると、格子状の樹皮は取り去られます。保存された混合物は、濃い赤色の魚醤を作るために、旧正月の初めに絹で濾過されます。過去2世紀に渡って多くの浮き沈みがあったにもかかわらず、この村の魚醤作りは、特別な秘密のレシピのおかげで、今日でもとても盛んです。テトや特別な機会に、都会や地方の多くの人々が、その特別な味のナム・オ魚醤を求めてやってきます。

ナム・オ魚醤(ニョクマム)村

ナム・オ魚醤(ニョクマム)村
Rate articles
Tags

コメントを残す

- All comments are moderated careful! Use your name when commenting, do not use the keyword in the Name box.
- Your email will not be displayed publicly. Required fields are marked *

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Close
Close

Adblock Detected

Please consider supporting us by disabling your ad blocker